« ギリシャ語の歯 | トップページ | タキサイキア »

ときどきみかけるギリシャ語じゃないギリシャ文字

たまたまおんなじエレベーターにのりあわせたひとのTシャツにずいぶんたくさんギリシャ文字がかいてあって、なにがかいてあるんだろうとおもってみてみたら、めちゃくちゃっていうかギリシャ語にはなってなくて、さらによくみてみると英語だってことがわかった。けっこうながい英語の文章で、英語のつづりをギリシャ文字におきかえたものだった。たとえば the は τηε になってる。

こういうのはときどきみかけるんだけど、ぱっとみておかしい感じがする共通の特徴がある。ひとつは小文字なのにアクセント記号も気息記号もついてないことで、もうひとつは語尾にくると ς になるシグマが σ のまんまってことだ。もちろん、みたことがない単語ばっかりならんでるっていうのもあるんだけど。

タトゥーでもこういうギリシャ文字をみたことがある。ωορλδ πεαχε ってかいてあったから、なんだこりゃ?っておもったら、world peace をギリシャ文字にしたものだった。これってタトゥーをいれた本人はわかってるのかな。Tシャツぐらいならいいとおもうけど。

「ミステリアス 古代文明への旅」(BS11)っていう番組の「イタリアに生まれたギリシア都市」の回でも、画面にギリシャ文字がなん度かでてきたんだけど、めちゃくちゃなギリシャ語だなっておもってよくみると、これも英語をギリシャ文字でかいたものだった。でも、テレビ番組でなんでこんなことするんだろ。なんとなくギリシャ語っぽいのをならべたかったのかな。これだったら英語でいいのに。

ユニコード以前にギリシャ文字をパソコンとかであつかうコードがあったけど(いまでもつかってるとこがあるけど)、こういうのはそれとはちょこっとちがってる。h を η にしたり、w を ω にしたり、y を ψ にするとかはおんなじだけど、c が χ になるとこがちがってる。つかってるのは Symbol フォントでギリシャ文字を入力するときのキーボードの文字との対応なんだろう。

2012.06.03 kakikomi

|

« ギリシャ語の歯 | トップページ | タキサイキア »