« 松坂桃李の「とおり」 | トップページ | ギリシャ数字のゼロ »

パリ・オペラ座のギリシャ語

『オペラ座の怪人』の舞台にもなったパリのオペラ座(ガルニエ宮)のアバン・フォワイエ(フロント・ロビー)にはギリシャ語がみられる。ここはモザイクでしられてるんだけど、フランスではそれまで本格的にモザイク装飾がつかわれたことはなかった。

アバン・フォワイエのボールト天井にはギリシャ神話を題材にした男女のペアのモザイク画が4つあって、それぞれの名前がギリシャ語でかいてある。

この写真はそのひとつ、オルペウスとエウリュディケーの絵で、ギリシャ語で ΟΡΦΕΥΣ [οrpʰěus]と ΕΥΡΙΔΙΚΗ ってかいてある。ただしエウリュディケーのつづりがまちがってて、ただしくは ΕΥΡΥΔΙΚΗ [eurydíkɛː]だ。フランス語でも EURYDICE なのに なんでまちがえたのかな。ΕΥΡΙΠΙΔΗΣ [euriːpídɛːs](エウリーピデース)とごちゃごちゃになったとか。

ボールト天井の両端のアーチには比較的ながいギリシャ語の文章がある。でもそれはあとまわしにして、そのアーチのせり台にかかってるエナメル加工のメダイヨンをみると、その下にもギリシャ語がある。メダイヨンは4つあって、それぞれフランスとイタリアとギリシャとエジプトに関係のふかい楽器の絵なんだけど、その下に国の名前がギリシャ語でかいてある。

この写真のメダイヨンはたて琴の絵で、下には ΕΛΛΑΣ [hellás ヘッラス](ギリシャ)っていうギリシャ語がみえる。

つぎに、アーチにあるギリシャ語の文章だけど、天井の両端だから、この碑文は2か所あって、単語ごとに交互に色わけしてある。それから ΟΥ にはよくある結合文字がつかわれてる。

手もとの資料でもネットの画像でも文章全体が完全にみえるものがなかったから、文字の一部がみえてるとこから推測した部分はカッコにいれることにして、このふたつの碑文をうつすと、こんな感じだ。

[Η ΔΙΑ] ΜΟΥΣΕΙΩΝ ΤΟΙΞΟΓΡΑΦΙΑ ΕΠΕΣΚΕΥΑΣΘΗ ΤΟ ΠΡΩΤΟΝ ΕΝ ΓΑΛΛΙΑ ΕΙΣ ΚΟΣΜΗΣΙΝ ΤΗΣΔΕ ΤΗΣ ΑΨΙΔΟΣ ΚΑΙ ΕΙΣ ΠΡΟΞΩΡΗΣΙΝ ΤΗΣΔΕ ΤΗΣ Τ[ΕΞΝΗΣ]

ΤΑΣ ΕΙΚΟΝΑΣ ΚΟΥΡΖΩΝ ΕΓΡΑΨΕ ΣΑΛΒΙΑΤΙΣ ΕΠΟΙΗΣΕ ΤΑ ΛΟΙΠΑ ΦΑΚΞΙΝΑΣ ΗΡΞΙΤΕΚΤΟΝΕΙ ΚΑΡΟΛΟΣ ΓΑΡΝΙΕΡ

この碑文にもちょっとしたまちがいがあって、Χ のかわりに Ξ がつかわれてる。ギリシャ文字の Χ をラテン文字の X とまちがえて、さらに Ξ にかえちゃったってことなのかな。

ひとつめの碑文の最初と最後がみえてない写真しかみあたらなかったんたけど、ΙΑ の一部らしいのがみえてるし、内容からしても ΔΙΑ なのはまちがいないとおもう。でも、そのまえに Η があるのかどうかは確実とはいえない。最後の ΤΕΞΝΗΣ はほんとは ΤΕΧΝΗΣ のはずだけど、この碑文だと ΧΞ になってるし、Ξ の一部らしいのがみえるから、これもまちがいないとおもう。

それから、ひとつめにでてくる ΓΑΛΛΙΑ は、このばあいはもともと ΓΑΛΛΙΑΙ だったんだけど、そのうち最後の Ι が発音されなくなって文字としてもかかれなくなった。この碑文は、文字の書体からしても文章からしても、そうなったあとの時代のものになってるから、ΓΑΛΛΙΑ でまちがいってわけじゃない。

で、まちがいをなおして、訳をつければこうなる。

[Η ΔΙΑ] ΜΟΥΣΕΙΩΝ ΤΟΙΧΟΓΡΑΦΙΑ ΕΠΕΣΚΕΥΑΣΘΗ ΤΟ ΠΡΩΤΟΝ ΕΝ ΓΑΛΛΙΑ ΕΙΣ ΚΟΣΜΗΣΙΝ ΤΗΣΔΕ ΤΗΣ ΑΨΙΔΟΣ ΚΑΙ ΕΙΣ ΠΡΟΧΩΡΗΣΙΝ ΤΗΣΔΕ ΤΗΣ Τ[ΕΧΝΗΣ]

モザイクによる壁画がフランスにおいてはじめて、このボールト天井の装飾のために、そしてこの技術の発展(普及)のために、そなえつけられた。

ΤΑΣ ΕΙΚΟΝΑΣ ΚΟΥΡΖΩΝ ΕΓΡΑΨΕ ΣΑΛΒΙΑΤΙΣ ΕΠΟΙΗΣΕ ΤΑ ΛΟΙΠΑ ΦΑΚΧΙΝΑΣ ΗΡΧΙΤΕΚΤΟΝΕΙ ΚΑΡΟΛΟΣ ΓΑΡΝΙΕΡ

絵をキュルゾンがえがき、サルビアーティがつくり、そのほかをファッキーナが[つくり]、棟梁はシャルル・ガルニエである。

訳は直訳調にしたから、とくにふたつめは説明が必要だろう。「原画をフランス人の画家キュルゾン(Curzon)がかいて、それをもとにしてモザイク画をイタリア人のモザイク職人サルビアーティ(Salviati)が制作して、そのほかのモザイクの装飾部分をイタリア人のモザイク職人ファッキーナ(Facchina)が制作した。建築家はシャルル・ガルニエ(Charles Garnier)である」。

アバン・フォワイエ:アヴァン・フォワイエ、アヴァン・ホワイエ。 ボールト:ヴォールト。 オルペウス:オルフェウス。

関連記事
 ・聖ソフィア大聖堂のモザイクのギリシャ語
 ・ラベンナのモザイクのギリシャ語
 ・キエフにある聖ソフィア大聖堂のモザイクのギリシャ語
 ・パレルモにあるマルトラーナ教会のモザイク画のギリシャ語

2012.10.25 kakikomi

|

« 松坂桃李の「とおり」 | トップページ | ギリシャ数字のゼロ »