« デーバナーガリー文字の日本語 | トップページ | 映画『MY NICKNAME is BUTATCHI』 »

アルフレート・アードラー(アルフレッド・アドラー)

最近 アードラー の 心理学 が ブーム に なってる って いう の を テレビ で みた。 フロイト と ユング と ならんで なまえ だけ は しってた けど、 ブーム だった と は…。 ゆってる こと は ある 種 の 精神 世界 の 本 みたい な 感じ が した けど、 ブーム の 火つけ役 みたい な 本 の 副題 に 「自己啓発の源流」 なんて かいて ある から、 やっぱり そんな 感じ な ん だ な。 ただ こう いう ちゃんと した 学者 の 学説 が 「源流」 だ と か いわれちゃう と、 そう か な? って おもったり も する。 アカデミズム系 の ひと は そう いう ふう に おもいたい ん だろう けど。 まあ 源流 の ひとつ で は ある の か。

ところ で この ひと の なまえ Alfred Adler は カタカナ で たいてい 「アルフレッド・アドラー」 に なってる。 「日本アドラー心理学会」 で も 学会 の なまえ の とおり 「アドラー」 だ。 オーストリア人 な の に なん で こう な ん だろ。 「アルフレッド・アドラー」 は 英語よみ だ。 本来 の ドイツ語 から すれば 「アルフレート・アードラー」 に なる。

アードラー は アメリカ に 移住 してる から、 その 関係? ニホン に は アメリカ から つたわった の か な。 たんに 英語よみ の ほう が したしみ が ある って いう か、 よみ やすい から な の か な。

2016.02.04 kakikomi

|

« デーバナーガリー文字の日本語 | トップページ | 映画『MY NICKNAME is BUTATCHI』 »