« カテナンの語源はギリシャ語? | トップページ

ホムンクルスはギリシャ語?

2016年 12月 18日 の 「サイエンスZERO」 (NHK Eテレ) は、 「徹底解説!科学の未解決問題 心はどうやって生まれるのか?」 って いう 回 で、 こころ を もった 人工 知能 を つくろう と してる 神経 科学者 が ゲスト だった。

この ひと が デカルト の 説 に ふれた とこ で、 ホムンクルス 問題 って いう の が でて きた ん だ けど、 その 説明 の 最初 に ホムンクルス は 「ギリシャ語 で こびと」 だ なんて いってた。

先週 に つづいて また だ! (カテナンの語源はギリシャ語?」)

ホムンクルス は ラテン語 な ん だ けど、 科学者 に とって は ギリシャ語 だろう が ラテン語 だろう が どう で も いい ん だろう な。

ラテン語 の homunculus (ちいさい ひと、 弱者) は homo [ホモー] (人間) の 語幹 homin- の べつ の かたち に ちいさい もの を あらわす 語尾 -culus が ついた もの だ。

ギリシャ語 で こびと って いえば、 ナノメートル と か の ナノ って いう の が ギリシャ語の νᾶνος [nâːnos ナーノス] (こびと) から つくられた ことば な ん だ けど、 これ と ごっちゃ に なっちゃった の か も?

関連記事
 ・カテナンの語源はギリシャ語?

2016.12.20 kakikomi

|

« カテナンの語源はギリシャ語? | トップページ