« 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の「ブレスド」 | トップページ | ハーモニカ横丁の看板(ローマ字について) »

レオナルド・ダ・ビンチの Salvator mundi

ニュースでみたんだけど、11月15日、ニューヨークのクリスティーズのオークションに出品されたレオナルド・ダ・ビンチの絵が史上最高額の4億5030万ドル(約510億円)で落札された。その作品のタイトルは「サルバトール・ムンディ(救世主)」。

「サルバトール・ムンディ」はラテン語の Salvator mundi で、古典式発音なら[サルワートル ムンディー]、ローマ式(教会式)発音なら[サルヴァトル ムンディ]になる。でも、どのニュースでも「サルバトール」になってる。なんで「トー」をのばしてるんだろ。

まず Salvator mundi だけど、salvator は「救い主、救済者」、mundi は mundus [ムンドゥス](世界、宇宙)の属格で「世界の」、つまりこのふたつで「世界の救済者」ってことになるけど、「救世主」っていう翻訳はもともと「世を救う」っていうふうに「世」つまり mundus がはいってるから、これひとつで意味をちゃんと訳せてるってことになるだろう。「世界の救世主」だったら「馬から落馬する」みたいに重複したいいかたになる。

で、salvator のアクセントは -va- にある。古典式ならこの母音がながくて[サルワートル]なわけだけど、ローマ式とかほかの発音でもアクセントの位置はかわらない。古典式じゃなくても、ロマンス語ふうにアクセントのある母音をながめに発音するなら[サルヴァートル]って発音もありえる。つまり、母音をのばすんなら、どの発音にしても -va- の母音をのばすことになる。

なのに、「サルバトール」になってる理由をかんがえてみると、イタリア語あたりの影響なのかも?

salvator はイタリア語で salvatore [サルヴァトーレ]になった。詩とかだと最後の -e を省略することがよくあって、salvator [サルヴァトール]になる。このイタリア語ふうの発音がまざったのかもしれない。

そういえばスペイン語だと salvador [サルバドール]で、サルバドール・ダリなんで名まえもある。

まあ、とにかくラテン語の salvator は「サルバトール(サルヴァトール)」じゃないんだから、この絵のタイトルとしては、「サルバトル・ムンディ」がいいんじゃないかな。べつにローマの古典でもないから古典式でよむ必要はないし、キリスト教関係ってこともあるから、ローマ式に[サルヴァトル ムンディ]ってよむとして、「ヴ」をつかわない表記とすると、「サルバトル・ムンディ」ってことになるだろう。

2017.11.17 kakikomi

|

« 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の「ブレスド」 | トップページ | ハーモニカ横丁の看板(ローマ字について) »