« レオナルド・ダ・ビンチの Salvator mundi | トップページ | 『アルテーミスの采配』の謎 »

ハーモニカ横丁の看板(ローマ字について)

吉祥寺 に ハーモニカ 横丁 (ハモニカ 横丁) って とこ が あって、 きいろい 看板 が いくつ か ある ん だ けど、 横丁 の ローマ字 が Yokocyo って いう つづり に なってる。

横丁 を ローマ字 で かけば、 訓令式 なら yokotyô、 ヘボン式 なら yokochō だ から、 母音 を のばす 記号 の こと は べつ と して、 「ちょ」 の つづり が cyo な の は 訓令式 で も ヘボン式 で も ない。 新日本式 だ と cyo に なる から、 その つもり な の か な と も おもう けど、 新日本式 みたい な マイナー な ローマ字 が つかわれてる と は いまいち おもえない。 訓令式 の tyo と ヘボン式 の cho が まざって cyo に なった と か?

関連記事
 ・雑誌「dancyu」のつづり
 ・日本語のローマ字つづり
 ・ローマ字のつづり

2018.01.14 kakikomi

|

« レオナルド・ダ・ビンチの Salvator mundi | トップページ | 『アルテーミスの采配』の謎 »