« 西洋古典叢書『モラリア』完結 | トップページ | まちがえやすいドイツ語の地名 »

シュトレンのハッシュタグ

最近日本でもこの時期によくみかけるようになったドイツのクリスマスのお菓子、シュトレン。

おととし12月24日にシュトレンを買ったケーキ屋に、去年おなじ日に買いにいったら売りきれで、シュトレンが知られてきてるんだなあって感じたけど、そもそもシュトレンはクリスマスの日に食べるんじゃなくて、クリスマス前のアドベント(待降節)のあいだに少しずつ食べるものらしい。

で、このシュトレンが「シュトーレン」ってかいてあるのをよくみかける。ドイツ語のつづりは Stollen で、発音は[ˈʃtɔlən シュトレン]だ。外国語のながい母音をみじかくしちゃうのってよくあるけど、これはなぜか逆。

そしたら、ツイッターに、

#Stollen発音ポリス
#シュトレン発音ポリス
#シュトレン警察

っていうハッシュタグがあった。「シュトーレン」になってるのを指摘してたり、ちゃんと「シュトレン」になってるのの報告があったりする。気になってる人はいるんだな。

2018.12.09 kakikomi

|

« 西洋古典叢書『モラリア』完結 | トップページ | まちがえやすいドイツ語の地名 »