参考記事: 古典ギリシャ語の数詞(1) 基数詞


ギリシャ数字基数詞
1αʹεἷς
 ːs
 [ヘ~ス](男性)
μία
 mía
 [ミア](女性)
ἕν
 hén
 [ヘン](中性)
2βʹδύο
 dýo
 [デュオ]
3γʹτρεῖς
 trêːs
 [トレ~ス](男女性)
τρία
 tría
 [トリア](中性)
4δʹτέτταρες
 téttares
 [テッタレス](男女性)
τέτταρα
 téttara
 [テッタラ](中性)
5εʹπέντε
 pénte
 [ペンテ]
6Ϛʹἕξ
 héks
 [ヘクス]
7ζʹἑπτά
 heptá
 [ヘプタ]
8ηʹὀκτώ
 oktɔ̌ː
 [オクトー]
9θʹἐννέα
 ennéa
 [エンネア]
10ιʹδέκα
 déka
 [デカ]
11ιαʹἕνδεκα
 héndeka
 [ヘンデカ]
12ιβʹδώδεκα
 dɔ̌ːdeka
 [ドーデカ]
13ιγʹτρεῖς καὶ δέκα
 trêːs kǎi déka
 [トレ~ス カイ デカ]
または
τρεισκαίδεκα
 treːskǎideka
 [トレ~スカイデカ]
14ιδʹτέτταρες καὶ δέκα
 téttares kǎi déka
 [テッタレス カイ デカ]
または
τετταρεσκαίδεκα
 tettareskǎideka
 [テッタレスカイデカ]
15ιεʹπεντεκαίδεκα
 pentekǎideka
 [ペンテカイデカ]
16ιϚʹἑκκαίδεκα
 hekkǎideka
 [ヘッカイデカ]
17ιζʹἑπτακαίδεκα
 heptakǎideka
 [ヘプタカイデカ]
18ιηʹὀκτωκαίδεκα
 oktɔːkǎideka
 [オクトーカイデカ]
または
δυοῖν δέοντες εἴκοσι(ν)
 dyôin déontes ěːkosi(n)
 [デュオイン デオンテス エ~コスィ(ン)]
19ιθʹἐννεακαίδεκα
 enneakǎideka
 [エンネアカイデカ]
または
ἑνὸς δέοντες εἴκοσι(ν)
 henós déontes ěːkosi(n)
 [ヘノス デオンテス エ~コスィ(ン)]
20κʹεἴκοσι(ν)
 ěːkosi(n)
 [エ~コスィ(ン)]
21καʹεἷς καὶ εἴκοσι(ν)
 ːs kǎi ěːkosi(n)
 [ヘ~ス カイ エ~コスィ(ン)]
または
εἴκοσι καὶ εἷς
 ěːkosi kǎi hêːs
 [エ~コスィ カイ ヘ~ス]
または
εἴκοσιν εἷς
 ěːkosin (h)êːs
 [エ~コスィン ヘ~ス]
30λʹτριάκοντα
 triǎːkonta
 [トリアーコンタ]
40μʹτετταράκοντα
 tettarákonta
 [テッタラコンタ]
50νʹπεντήκοντα
 pentɛ̌ːkonta
 [ペンテーコンタ]
60ξʹἑξήκοντα
 heksɛ̌ːkonta
 [ヘクセーコンタ]
70οʹἑβδομήκοντα
 hebdomɛ̌ːkonta
 [ヘブドメーコンタ]
80πʹὀγδοήκοντα
 oɡdoɛ̌ːkonta
 [オグドエーコンタ]
90Ϙʹἐνενήκοντα
 enenɛ̌ːkonta
 [エネネーコンタ]
100ρʹἑκατόν
 hekatón
 [ヘカトン]
200σʹδιακόσιοι
 diaːkósioi
 [ディアーコスィオイ](男性)
διακόσιαι
 diaːkósiai
 [ディアーコスィアイ](女性)
διακόσια
 diaːkósia
 [ディアーコスィア](中性)
300τʹτριακόσιοι, -αι, -α
 triaːkósioi, -ai, -a
 [トリアーコスィオイ、-アイ、-ア]
400υʹτετρακόσιοι, -αι, -α
 tetrakósioi, -ai, -a
 [テトラコスィオイ、-アイ、-ア]
500φʹπεντακόσιοι, -αι, -α
 pentakósioi, -ai, -a
 [ペンタコスィオイ、-アイ、-ア]
600χʹἑξακόσιοι, -αι, -α
 heksakósioi, -ai, -a
 [ヘクサコスィオイ、-アイ、-ア]
700ψʹἑπτακόσιοι, -αι, -α
 heptakósioi, -ai, -a
 [ヘプタコスィオイ、-アイ、-ア]
800ωʹὀκτακόσιοι, -αι, -α
 oktakósioi, -ai, -a
 [オクタコスィオイ、-アイ、-ア]
900Ϡʹἐνακόσιοι, -αι, -α
 enakósioi, -ai, -a
 [エナコスィオイ、-アイ、-ア]
1000͵αχίλιοι, -αι, -α
 kʰǐːlioi, -ai, -a
 [キーリオイ、-アイ、-ア]
2000͵βδισχίλιοι, -αι, -α
 diskʰǐːlioi, -ai, -a
 [ディスキーリオイ、-アイ、-ア]
3000͵γτρισχίλιοι, -αι, -α
 triskʰǐːlioi, -ai, -a
 [トリスキーリオイ、-アイ、-ア]
4000͵δτετρακισχίλιοι, -αι, -α
 tetrakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [テトラキスキーリオイ、-アイ、-ア]
5000͵επεντακισχίλιοι, -αι, -α
 pentakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [ペンタキスキーリオイ、-アイ、-ア]
6000͵Ϛἑξακισχίλιοι, -αι, -α
 heksakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [ヘクサキスキーリオイ、-アイ、-ア]
7000͵ζἑπτακισχίλιοι, -αι, -α
 heptakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [ヘプタキスキーリオイ、-アイ、-ア]
8000͵ηὀκτακισχίλιοι, -αι, -α
 oktakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [オクタキスキーリオイ、-アイ、-ア]
9000͵θἐνακισχίλιοι, -αι, -α
 enakiskʰǐːlioi, -ai, -a
 [エナキスキーリオイ、-アイ、-ア]
1 0000͵ιμύριοι, -αι, -α
 my̌ːrioi, -ai, -a
 [ミューリオイ、-アイ、-ア]
2 0000͵κδισμύριοι, -αι, -α
 dizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [ディズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
δύο μυριάδες
 dýo myːriádes
 [デュオ ミューリアデス]
3 0000͵λτρισμύριοι, -αι, -α
 trizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [トリズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
τρεῖς μυριάδες
 trêːs myːriádes
 [トレ~ス ミューリアデス]
4 0000͵μτετρακισμύριοι, -αι, -α
 tetrakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [テトラキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
τέτταρες μυριάδες
 téttares myːriádes
 [テッタレス ミューリアデス]
5 0000͵νπεντακισμύριοι, -αι, -α
 pentakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [ペンタキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
πέντε μυριάδες
 pénte myːriádes
 [ペンテ ミューリアデス]
6 0000͵ξἑξακισμύριοι, -αι, -α
 heksakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [ヘクサキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
ἓξ μυριάδες
 héks myːriádes
 [ヘクス ミューリアデス]
7 0000͵οἑπτακισμύριοι, -αι, -α
 heptakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [ヘプタキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
ἑπτὰ μυριάδες
 heptá myːriádes
 [ヘプタ ミューリアデス]
8 0000͵πὀκτακισμύριοι, -αι, -α
 oktakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [オクタキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
ὀκτὼ μυριάδες
 oktɔ̌ː myːriádes
 [オクトー ミューリアデス]
9 0000͵Ϙἐνακισμύριοι, -αι, -α
 enakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [エナキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
ἐννέα μυριάδες
 ennéa myːriádes
 [エンネア ミューリアデス]
10 0000͵ρδεκακισμύριοι, -αι, -α
 dekakizmy̌ːrioi, -ai, -a
 [デカキズミューリオイ、-アイ、-ア]
または
δέκα μυριάδες
 déka myːriádes
 [デカ ミューリアデス]

1~4と、200以上の数詞は形容詞としての変化をします。つまり、性と格にしたがって語尾がかわります。表にあげたのはすべて主格のかたちです。21~24、101~104とかも、1~4のところだけ変化します。1万1111なら、1万と1千だけ変化して、100と11は変化しません。

18、19とかの8、9でおわる数は、表にもあげたように、δυοῖν δέοντες εἴκοσι(ν) (2たりない20)、ἑνὸς δέοντες εἴκοσι(ν) (1たりない20)というようにひき算でいうこともおおく、これには εἴκοσιν ἑνὸς δέοντες とかの語順もあります。δέοντες は性と格にしたがって変化します。また、ἑνὸς は女性名詞につくときは女性形の μιᾶς [miâːs ミアース]になります。

21のところにあげた3つのいいかたのように、数詞をかさねるばあい、位のちいさいほうからならべるときは、かならず καὶ [カイ](英語の and)でつなぎます。位のおおきいほうからならべるときは、καὶ はあってもなくてもかまいません。

200以上の数詞は、表にあげたのは複数形ですが、集合名詞につくばあいは単数形のこともあります。

2千~9千は2~9の数副詞+χίλιοι、2万~10万は2~10の数副詞+μύριοι でできています(古典ギリシャ語の数詞(3) 数副詞」)。

万以上の数は、表にもあるように、μυριάς [myːriás ミューリアス](万)という女性名詞の複数形 μυριάδες [myːriádes ミューリアデス]をつかっていうこともできます(千の位の数でもそういういいかたがないことはありません)。

基数詞が複合語の一部としてつかわれるときには、1は ἁ- [ha-]、2は δι(σ)- [di(s)-]、3は τρι- [tri-]、4は τετρα- [tetra-]、5は πεντα- (πεντε-) [penta- (pente-)]、6は ἑξα- (ἑξ-, ἑκ-, ἑσ-) [heksa- (heks-, hek-, hes-)]、7は ἑπτα- [hepta-]、8は ὀκτα- (ὀκτω-) [okta- (oktɔː-)]、9は ἐννεα- (ἐνα-) [ennea- (ena-)]になります。

古典ギリシャ語:古代ギリシャ語。

関連記事
 ・古典ギリシャ語の数詞(2) 序数詞
 ・古典ギリシャ語の数詞(3) 数副詞
 ・アルファベット式ギリシャ数字
 ・かしら文字式ギリシャ数字
 ・古典ギリシャ語と日本語のにてるところ
 ・ギリシャ語聖書の「万」
 ・ギリシャ語の文字と発音

2007.09.06 kakikomi; 2010.11.16 kakitasi

|

« (3) 数副詞 | もくじ | (2) 序数詞 »