参考記事: 古典ギリシャ語の数詞(2) 序数詞

序数詞とは、英語でいえば first、second、third、fourth のような「なん番めの」という意味をあらわす形容詞です。

1番めのπρῶτος
 prɔ̂ːtos
 [プロートス](男性)
πρώτη
 prɔ̌ːtɛː
 [プローテー](女性)
πρῶτον
 prɔ̂ːton
 [プロートン](中性)
2番めのδεύτερος
 děuteros
 [デウテロス](男性)
δευτέρα
 deutéraː
 [デウテラー](女性)
δεύτερον
 děuteron
 [デウテロン](中性)
3番めのτρίτος
 trítos
 [トリトス]
4番めのτέταρτος
 tétartos
 [テタルトス]
5番めのπέμπτος
 pémptos
 [ペンプトス]
6番めのἕκτος
 héktos
 [ヘクトス]
7番めのἕβδομος
 hébdomos
 [ヘブドモス]
8番めのὄγδοος
 óɡdoos
 [オグドオス]
9番めのἔνατος
 énatos
 [エナトス]
10番めのδέκατος
 dékatos
 [デカトス]
11番めのἑνδέκατος
 hendékatos
 [ヘンデカトス]
12番めのδωδέκατος
 dɔːdékatos
 [ドーデカトス]
13番めのτρίτος καὶ δέκατος
 trítos kǎi dékatos
 [トリトス カイ デカトス]
または
τρεισκαιδέκατος
 treːskaidékatos
 [トレ~スカイデカトス]
14番めのτέταρτος καὶ δέκατος
 tétartos kǎi dékatos
 [テタルトス カイ デカトス]
または
τετταρεσκαιδέκατος
 tettareskaidékatos
 [テッタレスカイデカトス]
15番めのπέμπτος καὶ δέκατος
 pémptos kǎi dékatos
 [ペンプトス カイ デカトス]
または
πεντεκαιδέκατος
 pentekaidékatos
 [ペンテカイデカトス]
16番めのἕκτος καὶ δέκατος
 héktos kǎi dékatos
 [ヘクトス カイ デカトス]
または
ἑκκαιδέκατος
 hekkaidékatos
 [ヘッカイデカトス]
17番めのἕβδομος καὶ δέκατος
 hébdomos kǎi dékatos
 [ヘブドモス カイ デカトス]
または
ἑπτακαιδέκατος
 heptakaidékatos
 [ヘプタカイデカトス]
18番めのὄγδοος καὶ δέκατος
 óɡdoos kǎi dékatos
 [オグドオス カイ デカトス]
または
ὀκτωκαιδέκατος
 oktɔːkaidékatos
 [オクトーカイデカトス]
19番めのἔνατος καὶ δέκατος
 énatos kǎi dékatos
 [エナトス カイ デカトス]
または
ἐννεακαιδέκατος
 enneakaidékatos
 [エンネアカイデカトス]
20番めのεἰκοστός
 eːkostós
 [エ~コストス]
21番めのπρῶτος καὶ εἰκοστός
 prɔ̂ːtos kǎi eːkostós
 [プロートス カイ エ~コストス]
30番めのτριακοστός
 triaːkostós
 [トリアーコストス]
40番めのτετταρακοστός
 tettarakostós
 [テッタラコストス]
50番めのπεντηκοστός
 pentɛːkostós
 [ペンテーコストス]
60番めのἑξηκοστός
 heksɛːkostós
 [ヘクセーコストス]
70番めのἑβδομηκοστός
 hebdomɛːkostós
 [ヘブドメーコストス]
80番めのὀγδοηκοστός
 oɡdoɛːkostós
 [オグドエーコストス]
90番めのἐνενηκοστός
 enenɛːkostós
 [エネネーコストス]
100番めのἑκατοστός
 hekatostós
 [ヘカトストス]
200番めのδιακοσιοστός
 diaːkosiostós
 [ディアーコスィオストス]
300番めのτριακοσιοστός
 triaːkosiostós
 [トリアーコスィオストス]
400番めのτετρακοσιοστός
 tetrakosiostós
 [テトラコスィオストス]
500番めのπεντακοσιοστός
 pentakosiostós
 [ペンタコスィオストス]
600番めのἑξακοσιοστός
 heksakosiostós
 [ヘクサコスィオストス]
700番めのἑπτακοσιοστός
 heptakosiostós
 [ヘプタコスィオストス]
800番めのὀκτακοσιοστός
 oktakosiostós
 [オクタコスィオストス]
900番めのἐνακοσιοστός
 enakosiostós
 [エナコスィオストス]
1千番めのχιλιοστός
 kʰiːliostós
 [キーリオストス]
2千番めのδισχιλιοστός
 diskʰiːliostós
 [ディスキーリオストス]
3千番めのτρισχιλιοστός
 triskʰiːliostós
 [トリスキーリオストス]
4千番めのτετρακισχιλιοστός
 tetrakiskʰiːliostós
 [テトラキスキーリオストス]
5千番めのπεντακισχιλιοστός
 pentakiskʰiːliostós
 [ペンタキスキーリオストス]
6千番めのἑξακισχιλιοστός
 heksakiskʰiːliostós
 [ヘクサキスキーリオストス]
7千番めのἑπτακισχιλιοστός
 heptakiskʰiːliostós
 [ヘプタキスキーリオストス]
8千番めのὀκτακισχιλιοστός
 oktakiskʰiːliostós
 [オクタキスキーリオストス]
9千番めのἐνακισχιλιοστός
 enakiskʰiːliostós
 [エナキスキーリオストス]
1万番めのμυριοστός
 myːriostós
 [ミューリオストス]
2万番めのδισμυριοστός
 dizmyːriostós
 [ディズミューリオストス]
3万番めのτρισμυριοστός
 trizmyːriostós
 [トリズミューリオストス]
4万番めのτετρακισμυριοστός
 tetrakizmyːriostós
 [テトラキズミューリオストス]
5万番めのπεντακισμυριοστός
 pentakizmyːriostós
 [ペンタキズミューリオストス]
6万番めのἑξακισμυριοστός
 heksakizmyːriostós
 [ヘクサキズミューリオストス]
7万番めのἑπτακισμυριοστός
 heptakizmyːriostós
 [ヘプタキズミューリオストス]>
8万番めのὀκτακισμυριοστός
 oktakizmyːriostós
 [オクタキズミューリオストス]
9万番めのἐνακισμυριοστός
 enakizmyːriostós
 [エナキズミューリオストス]
10万番めのδεκακισμυριοστός
 dekakizmyːriostós
 [デカキズミューリオストス]

序数詞は形容詞なので、性と数と格にしたがって語尾変化します。アクセントの法則にしたがって、アクセントの位置や種類がかわることもあります。表にあげたのは、最初のふたつをのぞいてすべて男性・単数・主格のかたちで、最初のふたつは3つの性の単数・主格のかたちです。

序数詞をかさねるばあい、基数詞とおなじように、位のちいさいほうからならべるときは、かならず καὶ [カイ](英語の and)でつなぎます。位のおおきいほうからならべるときは、文法書によって、かならず καὶ でつなぐといっているものもあれば、あってもなくてもいいといっているものもあります。

21番めの、31番めの、というばあいには、1に序数詞ではなくて基数詞 εἷς がつかわれることがあります。このときも、εἷς は性と格にしたがって変化します。たとえば、πρώτῳ καὶ εἰκοστῷ のかわりに ἑνὶ καὶ εἰκοστῷ というようになります。

基数詞とおなじように、2千番めの~9千番めの は2~9の数副詞+χιλιοστός、2万番めの~10万番めの は2~10の数副詞+μυριοστός でできています(古典ギリシャ語の数詞(3) 数副詞」)。

古典ギリシャ語:古代ギリシャ語。

関連記事
 ・古典ギリシャ語の数詞(1) 基数詞
 ・古典ギリシャ語の数詞(3) 数副詞

2010.11.16 kakikomi

|

« (1) 基数詞 | もくじ | (3) 数副詞 »